暮らしをを素敵にしてくれるものご紹介。主婦くきはの視点からお気に入りなモノをレビューしてます。

menu

くきはの素敵なものレビュー

いなほんぽの新潟産コシヒカリ「吟精」タピオカで糠を吸着した無洗米

ginsei02

いなほんぽさんから、今年の新潟産コシヒカリをいただきました。
無洗米「吟精」2kgです。
 
ginsei01
 
私は無洗米はほとんど食べたことがなくて、
なんとなく、味が落ちるのでは? という思いこみがありました。
 
でも、今回いただいた「吟精」は、
まったく違和感なく、美味しく食べられましたよ。
 
むしろ、お米を洗う作業が無いというのが、
こんなに楽なのかと、目から鱗が落ちました。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ ←気に入ったらClickしてね


 
無洗米というと、お米のぬかの部分を、
深く削るようなイメージじゃないですか?
 
実際、そういう無洗米もあるのですが、
 
いなほんぽさんの無洗米は、
キャッサパ芋のデンプンであるタピオカを使って、
お米のぬかを吸い取っています。

 
以前タピオカミルクが流行ったことがありましたね。
デザートやお料理につかわれる食材ですから安全です。
 
熱を加えるとぬかを吸着するという性質があるそうなのです。
 
お米を削って傷つけませんから、
ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンなどの栄養分が
流出してしまうのもかなり防げるとのことです。
 
ginsei02
 
真っ白で、粒が揃っているいいお米です。
 
今回は電気炊飯器で3合炊いてみました。
 
ginsei03
 
「吟精」を計って、内釜にいれて、少し多めの水加減をします。
 
私の炊飯器には、無洗米用の目盛りがついていたので、
そこに合わせました。
 
ginsei04
 
サッと全体を混ぜて、お米と水を馴染ませてから、
タイマーを1時間後に合わせて、スイッチON。
 
30~60分くらい吸水させてから焚くのが良いようです。
 

炊きあがり。
 
ほわほわの湯気の中から、ツヤツヤのご飯があらわれました。
 
ginsei05
 
いい感じに、パッツリと炊けています。
 
パッツリって方言なのかな?
 
ベチャベチャしていなくて、
シャキッとほどよい硬さに炊けた時に言います。  
 
ginsei06
 
お味は、いつも食べているご飯(茨城産コシヒカリ)に比べたら
サッパリ味に感じました。
 
お米の種類や産地によって、個性がありますからね。
 
口の中で何回も噛んでいると、お米の甘みが出てきて
うま味がどんどん重なってくるのです。
 
おいしいご飯でした♪
 
おかずがなくても、ご飯だけで食べられる感じなので、
今度は、塩おにぎりで食べたいと思います。
 
販売所はこちら →新潟産コシヒカリ、無洗米なら、“いなほんぽ”
ginsei07
 

応援ありがとうございます→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ

関連記事

プロフィール

くきは
FaceIcon by ツカエルサイト

くきは(茎葉)です。
会社員の夫と、認知症の実母と
老猫クロロ、3人家族。
現在は専業主婦です
くわしく →プロフィール
連絡先 →メール

【参加中です】
ブログランキング参加中!


FX業者知名度

ランキング参加中

お気に召したら、肉球ぷにぷに☆
   ↓ ↓
人気ブログランキング
人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村