暮らしをを素敵にしてくれるものご紹介。主婦くきはの視点からお気に入りなモノをレビューしてます。

menu

くきはの素敵なものレビュー

糸井重里さんと仲間達が作った、人気の「ほぼ日手帳」を買いました。

hoboniti05

来年、2014年の手帳を買いました。
前から評判を聞いて、気になっていた「ほぼ日手帳」です。
 
hoboniti00
 
コピーライターの糸井重里さんのサイト
「ほぼ日刊イトイ新聞」から誕生した手帳で、
バラエティ豊かで使いやすいという評判です。
 
私のまわりでも、ほぼ日手帳ファンが多いので、
一度使ってみたいと思っていました。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ ←気に入ったらClickしてね

 
ほぼ日手帖には、オリジナル、Weeks、カズン、
そして、英語版の4種類のタイプがあって、
 
さらに、1月スタートと、4月スタートがあります。
 
表紙の素材やデザインもたくさんあるので迷うほど。
 
一年間ずっと使い続けるものだから、
お気に入りをそばに置いておきたいですよね。
 
私が選んだ「ほぼ日手帳Weeks」は、
その名の通り、週のスケジュール管理をメインにしています。
 
大きさとしては、長財布くらいなので、バッグに入れて持ち運びにも便利。
 
淡いピンクのペパークロスに、金色で草や花の模様を印刷した、
ひびのこずえさんのデザインを選びました。
 
hoboniti10
 
私が手帖の中で、一番使うのが、カレンダーページです。
 
見開きで1ヵ月分の予定が一目で確認できるので、
昔から、このカレンダーページ付きの手帖を選んでいます。
 
haboniti03
 
枠内が方眼になっているので、
横書きにこだわらずに自由に書き込めますね。
 
hoboniti06
 
ページ下には、メモを書いたり、
TO DOを書いておいたりする余白もあります。
 
 
週間ページでは、左側に1週間の予定や日記を書きます。
右側は方眼枠になっていて、自由に書き込めるスペースになっています。
 
hoboniti04
 
ページ下の左には、TO DOを書くスペース、
右には、ほぼ日Webから「週のお言葉」が掲載されています。
 
hoboniti09
 
それから、私が気に入ったのは、月齢図が書いてあること。
 
日々の暮らしの中で、月の満ちかけを気にかける方なので、
別に、月齢カレンダーを用意する手間が省けて嬉しいです。
 
 
ほぼ日手帳で使っている紙は、
「トモエリバー」というこだわりの紙なのだとか、
 
手帖にしては、ページ数が多いのですが、
あまり厚みを感じないのですね。
 
かさばると持ち運びしにくいですし、記入しにくいものですから、
 
それに対応するため、薄くて強く、
インクが裏に染みない特別な紙を使っているそうです。
 
確かに、そう言われてみれば、
表面が滑らかで、薄くしなやかな紙です。
 
それと、驚きだったのは、今どき、糸でくくって製本してあるんですよ。
ちょっと見には目立たないので、気がつきにくいのですけれど、
 
このため、手帳を見開きした時に、
中心から平らに開いて記入しやすいのです。
 
 
たかが、手帳。
 
されど、仕事や生活を充実させるには
スケジュール管理ははずせません。
 
最近のようにデジタルの時代になってもやはり、
自分流に書き込んだ手帳が側にあるのは、心強いと思います。
 
商品確認はこちら →ほぼ日手帳Weeks

hoboniti05

応援ありがとうございます→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ

関連記事

プロフィール

くきは
FaceIcon by ツカエルサイト

くきは(茎葉)です。
会社員の夫と、認知症の実母と
老猫クロロ、3人家族。
現在は専業主婦です
くわしく →プロフィール
連絡先 →メール

【参加中です】
ブログランキング参加中!


FX業者知名度

ランキング参加中

お気に召したら、肉球ぷにぷに☆
   ↓ ↓
人気ブログランキング
人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村